スピリチュアルコーチ・珠帆美汐 ブログ号外! 

北海道を代表するスピリチュアルコーチ・珠帆美汐のブログ号外(管理者:ワイパー・イトウ)。このブログでは主に、終了したワークショップなどの開催報告やその他豆情報について掲載していきます。【珠帆美汐の本家ブログ http://ameblo.jp/tamahomisio/】 【珠帆美汐Facebook → https://www.facebook.com/hamadachizu?fref=pb&hc_location=profile_browser】

改めてポリアモリーとはなんじゃろ??? ~「不倫」と「ポリアモリー」の違いを幸せの尺度から考えてみる

ワイパー・イトウです。

 

 

 

「不倫」「ポリアモリーの違いって、誠実さの違いとルールの違いだと思っていたけれど、そうではないのではないかと最近思っている。
 
 
「交際関係者のうち1人でも不幸を感じる、もしくは、不幸に向かうのが不倫。
 
「交際関係者全員が幸を感じる、もしくは、幸に向かうのがポリアモリー
 

 

 
「幸せ」を基準に考えればよい。
  

  
  
「私、ポリアモリーですっ!」って宣言している人であっても、交際関係者に不幸な人が居て、それを解消しようとしていなければ、それは不倫なのだと思う。
 

 
発祥地・アメリカのポリアモリーマニュアルのように、ポリアモリーを実践する上での指針は存在するが、指針は指針であって絶対ではないと思う。指針を守らなくてもポリアモリー(つまり交際関係者全員の幸せ)を実践できる人達はいるかもしれないし、一方、指針を守っているにも関わらず関係が破綻したポリアモリー実践者もいるだろう

  
ポリアモリーを実践するにあたっては、基本的な指針に従って取り組むことをベースに置きつつ、どうしても指針に添えないような事態に遭遇したときは、その事態に取り組むにあたって「交際関係者全員が幸を感じる」と信じきれるかどうかが鍵になるんだと思う。

 

 

かえって話をややこしくしてしまうかもしれないが、一番大事なのは『信じ切れるかどうか』ということ、つまり、『自分自身の真の願い』に従っているかということなのだと思う。そのときの思いの純度が高いのかそうでないのかによって、ポリアモリーが上手くいくかどうかが決まる。
 

 

 
そして、ここまで書いてあらためて思ったけれど、上記のような心構えはポリアモリーに限ったことではないね。1対1でも、交際相手なしでも、1対4でも、3対3でも、もうなんでも同じ。

 

 

 

 

 


『自分がやりたいことをやることが、全ての人を幸せにできると、信じきること。』そこに曇りがあるかないか

 

 

 

 

の差なんじゃないかな。

 

 

 

 

(文・構成 ワイパー・イトウ)